まだ御社の工場・倉庫の照明器具たち、ブラック環境のままですか?

「最近、故障が増えている」、「ランプの交換が多くなっている」、「焦げ臭い匂いがする」、「掃除をしても汚れが取れない」、「ソケットが変色している」。
ブラック環境のまま放置するとどうなる?

※イメージです。

※イメージです。

古くなった安定器が、急に発火する可能性があります!

安定器って何?

従来の蛍光灯には安定器が内蔵されています。この安定器は、蛍光灯を点灯させるために必要で、蛍光管への電流を制限し、安全性を保つことと、点灯時の始動をスムーズにする働きをしています。 しかし、安定器にも寿命があり、⼀般的に5〜7年以上使⽤した安定器は劣化にともない、従来の安定器の働きが著しく低下し、消費電⼒を増加させます。そのため、蛍光管の寿命も短くなり、頻繁に蛍光管の取替が必要となります。
さらに安定器⾃体にも7W〜11Wの消費電⼒(機種・メーカーにより異なる)が使⽤されていますので、実際には考えている以上の照明器具に使⽤する電気料⾦を⽀払いしていることになります。

古くなった安定器などをそのまま使い続けると ⽕災につながる可能性があります!

今すぐLEDにリニューアルでホワイト環境に改善しましょう!

01,02
初期投資の負担がなく、圧倒的に導入しやすい分割・リースモデルでのご提供を実現!

一先ず相談・お見積りだけでも!

無料お見積りはこちら
お電話でもご相談承っております
086-250-6144 (平日 9:00〜18:00)
さらに LED照明は今が買い時です!

一先ず相談・お見積りだけでも!

無料お見積りはこちら
お電話でもご相談承っております
086-250-6144 (平日 9:00〜18:00)

一先ず相談・お見積りだけでも!

無料お見積りはこちら
お電話でもご相談承っております
086-250-6144 (平日 9:00〜18:00)